主にポリエチレンフィルムを素材とするポリ袋、ビニール袋とも呼ばれますが、スーパーなどのレジ袋や食品を使用される袋はポリエチレン製で、塩化ビニール製のビニール袋ではないのです。価格も安く、扱いやすいポリエチレン製の袋が一般的に流通されるようになるまで、塩化ビニールの袋が使われていた名残から名前だけが残っているのです。その違いは、ポリエチレンは加工がし易く、薄く、しなやか。しかし、透明性はやや乏しい面があります。コンビニやレジ袋、アパレル用の袋や雑貨のラッピング、そしてポリバケツなどもポリエチレン製です。塩化ビニールは、熱に強く透明性に優れています。食品のラップ、テーブルの汚れ防止の保護シート、ビニールハウスなどに使われているのが主に塩化ビニールなのです。ポリエチレンには、様々な種類があり、一般的に使用される透明な袋は、低密度ポリエチレン袋(LDPE)、レジ袋は、高密度ポリエチレン(HDPE)、透明度が高い衣料品などを入れるポリプロピレン(PP)など、使用目的によって使い分けられているのです。

用途によって使い分け、便利なポリエチレン製の袋

低密度ポリエチレン袋(LDPE)は、しなやかで柔らかく、臭気がなく無毒です。熱や冷気にも強く、空気や水分を通さないといった特徴があります。食品を保管する袋やアパレルの販売袋、傘袋、リサイクルゴミ出し用のゴミ袋に多く利用されています。LDPE製のチャック付きの袋は、キッチン用品として広く家庭で使われています。高密度ポリエチレン(HDPE)は、裂けやすい面もありますが、弾力性があり、引っ張りや衝撃には耐性があります。臭気も無く無毒、空気や水分を通さず、熱や冷気にも強いのが特徴です。レジ袋に多く使われ、手を入れる穴付きの手提げ袋にも多く使われています。重量にあるものを入れる袋にも使用され、手穴の部分が強化されたものも見られます。PP袋には、非常に透明度が高く耐水性に優れ印刷可能、ディスプレイされる商品アピールに広く使われます。CPP袋も、透明度が高く光沢性があり、引っ張りや引き裂きへの強度が強く印刷の発色も良いため、雑貨などの小売り販売に広く使われています。

ポリエチレンの袋で簡単にクッキング

生活のなかで何かと便利なポリ袋。臭気もなく、丈夫で水分を通さない特徴から食品の保存に広く使われますが、この特徴を利用したポリ袋レシピが人気です。病院食や割烹などで使用されている、真空調理法を家庭向きアレンジしたもので、誰でも簡単に調理することができるのです。ポリエチレン製の袋は唐揚げなどの粉つけや、袋に入れ良くもんで味を染みこませる浅漬けなどに一般的に使われますが、袋に材料と調味料を入れて茹でたり加熱することで、真空に近い状態で調理することができるのです。味が染みこみやすいため、調味料の量も少なくヘルシーに柔らかく仕上げることができるのです。袋を分ければ、1個の鍋で複数の料理を作ることができ、洗い物も少なくすむのです。100度以上の耐熱製のあるポリエチレンの袋を使って、煮豚やチャーシューなど簡単に美味しく作ることができます。茹でる場合は、袋が熱で破れないように、お皿などを底に沈めれば安心です。空気を抜いて、よく調味料が染みこむようにすることがコツ、加熱には炊飯器を使うこともできます。工夫次第で、様々なレシピを作ることができるのです。